理事長 日比野佐和子

アートメイクの施術は針で皮膚に傷をつけ、傷口にインクを入れる医療行為で、日本では医師法第17条で施術者や施術場所が定められています。施術を⾏うためには医師または看護師の資格が必要であり、施術は医療機関で行わなければなりません。

国際アートメイク療法協会は、現在急速に広がる医療アートメイクにおいて、国内外の関連団体と連携し、正しく安全な知識の普及と技術を提供し、資格認定を行うことを目的に設立されました。
また、アートメイク看護師を目指す方のために、高い技術と知識を学んで頂ける場を提供していきたいと考えています。

協会ではアートメイク技術の取得だけではなく、現役の医師による皮膚構造などの医学知識、公衆衛生学、クリニックで使用されている最新医療機器との併用による効果などについても広く学ぶことができます。

協会の活動を通じて、医療と美容の融合を目指し、健全な医療アートメイクの発展に貢献していきたいと考えております。

プロフィール

医療法人社団康梓会SAWAKO CLINIC x YS統括院長
近畿大学医学部奈良病院皮膚科非常勤医師
国立研究開発法人理化学研究所生命機能科学研究センター器官誘導研究チーム客員研究員

内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療⼤学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第⼀人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。